赤ちゃんの便秘はオリゴ糖が改善してくれます!

赤ちゃんが便秘になってしまって困ることはありませんか?
便秘で苦しそうな赤ちゃんを前にするとどうすればいいか分からなくなり、ただただかわいそうになってオロオロするばかり…。これは、ママとしてとてもつらいことです。

 

そんな赤ちゃんの便秘には、とてもいいものがあるんです!

 

それは、オリゴ糖です。

 

ここでは、赤ちゃんが便秘になってしまう原因、便秘に効果があるオリゴ糖の選び方や飲ませ方、おすすめのオリゴ糖商品などをご紹介しています。

 

オリゴ糖で、赤ちゃんのつらい便秘を改善してあげましょう!

 

かわいい寝顔の男の赤ちゃん

赤ちゃんの便秘におすすめのオリゴ糖

 

カイテキオリゴ

カイテキオリゴとは…
カイテキオリゴは赤ちゃんの便秘改善対策をしてくれるオリゴ糖です。
日本で一番選ばれている市販のオリゴ糖。WEBで買えるのも便利です。

 

カイテキオリゴの口コミ
◇ほんのりした甘さで味を壊さないので、飲み物だけでなくお料理にも使えるのがすごい。
◇ほぼ純度100%なので、赤ちゃんだけじゃなく子供もお年寄りも食べられます。

 

全額返金保証がついているのも安心。
2013年に【モンドセレクション最高金賞】を受賞。

 

はぐくみオリゴ

はぐくみオリゴとは…
はぐくみオリゴは100%自然由来。密度の濃い5種のオリゴ糖を独自にブレンドしています。
今一番人気のあるオリゴ糖。WEBで買うのが便利でお得。

 

はぐくみオリゴの口コミ
◇赤ちゃんや乳児が飲んだ次の日から驚くほどドッサリ出た。
◇毎日スッキリ出来ない方(大人)も赤ちゃんも使用できる。 妊娠中のママにもおすすめ。

 

10日間安心返金保証付きで安心。
初回50%OFFで送料無料。

 

赤ちゃんの便秘とは

赤ちゃんはなぜ便秘にになってしまうのでしょうか。

 

赤ちゃん(乳児)の時期の状態

便秘は、大人がなっても苦しいものです。それが、生まれてまだ間もない赤ちゃんや乳児に起こるのですから、とっても心配なことですよね。

 

便秘の主な原因は、まず、赤ちゃんが母乳ミルクではなく市販のミルクを飲んだ場合、消化するのに時間がかかるということことがあります。また、赤ちゃんはリズムがちょっとずれるだけでも腸の環境が大幅に変わり、それが不調となって現れるという原因も考えられます。

 

そのほかに、ミルクや離乳食が便秘の原因のこともあります。

 

便秘がつらくて泣いている赤ちゃん

赤ちゃんの便秘の原因

一般的には、赤ちゃんは母乳よりもミルクの方が便秘になりやすいといわれています。

 

便秘傾向の目安は

これまで排便が一日に3〜5回あったのに、突然急に一日1回程度になるような場合は便秘傾向であるといえます。

赤ちゃんが便秘になりやすいポイントは3つあります
母乳が足りないため、ミルクを足したりしたとき便秘になりやすい
お出かけ時などで、ママが母乳をあげられずミルクだけを飲ませたとき便秘になりやすい
離乳食が始まり、赤ちゃんの飲むミルクや母乳の量が減ったとき便秘になりやすい

 

オリゴ糖を含んだ離乳食

赤ちゃんの便秘を改善するには

赤ちゃんの便秘には市販のオリゴ糖が効果的

食品によって赤ちゃんの便秘を改善する方法としては、オリゴ糖の含まれた飲み物や食べ物を与えることが最も効果的です。なぜなら、赤ちゃんの便秘を引き起こす大きな原因として、腸内環境の悪化により腸内が活発な悪玉菌でいっぱいになっていることがあるからです。

 

綿棒は最終手段です

綿棒などで赤ちゃんの肛門を刺激してあげる方法も効果的です。しかしこの方法をやりすぎると、綿棒での刺激が癖になって赤ちゃん自身で正常に排便できなくなってしまったり、肛門付近を刺激しすぎて傷つけてしまったりする心配がありますので、あくまでも最終的な手段にしましょう。

 

オリゴ糖についてのQ&A!

オリゴ糖ってそもそも何ですか?

オリゴ糖は腸内の善玉菌のエサのようなものです。善玉菌はオリゴ糖を好んで食べます。すなわち、善玉菌を活性化させるためにオリゴ糖を摂取すると、赤ちゃんの便秘が改善される場合が非常に多いといえます。

赤ちゃんはいつからオリゴ糖を摂取できますか?

赤ちゃんに飲ませると便秘改善にとても効果があるオリゴ糖ですが、赤ちゃんの月齢でいうと何か月頃から飲ませられるのでしょうか。
例えばカイテキオリゴの規定によると、生後一カ月の赤ちゃんから摂取しても大丈夫とされています。カイテキオリゴは通常、一日当たりの摂取量を5gとしています。ただし生後一カ月の赤ちゃんには、さらに少量から始めて様子をみて徐々に増やしていくことをおすすめします。

ミルクや母乳の中に含まれているオリゴ糖

オリゴ糖はもともと、ミルクや母乳の中にも含まれています。ただ、赤ちゃんが離乳食を食べるようになると、必然的にオリゴ糖の摂取量も減ってしまって便秘になることもあるのです。液状や顆粒状の形状をしている市販のオリゴ糖を赤ちゃんの食べ物や飲み物の中にうまく取り入れてあげることが、とても効果的です。

 

ミルクをいっぱい飲む赤ちゃん

オリゴ糖は赤ちゃんの便秘を解消してくれる有効なもの

オリゴ糖は、ブドウ糖や果糖などの単糖類が約20個〜30個結びついたものです。オリゴ糖は赤ちゃんのお腹に優しく働きかけて、便秘の症状を改善してくれます。

 

オリゴ糖は商品によって品質がかなりバラバラなので、よく注意して選びましょう。市販されているオリゴ糖はいろいろな種類があるので、どれを選べばよいか迷ってしまいそうです。
ここでは、赤ちゃんの便秘改善に高い効果があるとされているオリゴ糖で、おすすめのものをご紹介します。

 

赤ちゃんは便秘でおなかが張りやすい!

水分不足の赤ちゃんのために「おなかマッサージ」をする

赤ちゃんが便秘になりやすい原因のひとつに水分不足があるのですが、これは意外にあまり知られていません。赤ちゃんは便秘の状態が続くととても苦しいので、軽くおなかをマッサージしてあげるとよいでしょう。赤ちゃんは自分の意志で水分を摂ることができませんが、水分不足で深刻な便秘になってしまうこともあります。保護者であるママは、赤ちゃんの水分補給を常に確認してあげる必要がありますので、十分注意してあげましょう。

 

赤ちゃんや乳児の健康状態には、いつも側にいるママや保護者の方が、よく気を配ってあげることが望ましいですね。赤ちゃんの健康管理はとても大切です。

 

上手なオリゴ糖の飲ませ方と量

オリゴ糖を赤ちゃんに飲ませる時には、白湯や離乳食などに溶かしてあげます。
オリゴ糖を初めて飲ませる場合の量としては、まず1〜2gのオリゴ糖から始め、様子を見ながら、その後の量を調節するようにしましょう。

 

よく眠る乳児

オリゴ糖の基本的な性質と構成

オリゴ糖にはいろいろな種類があり、整腸作用以外の優れた効果も併せ持っています。このところ、オリゴ糖の健康に及ぼす効果に注目が集まっていますが、オリゴ糖とは果たしてどんなものなのでしょうか。

 

オリゴ糖には実はいろいろな種類があります。また、オリゴ糖は種類によって、その効果や甘みまで違います。
オリゴ糖にはどんな種類が存在していて、それぞれどのような性質を持っているのでしょうか?オリゴ糖の基本的な構成とは?次のページで、詳しく解説していきます。

 

続きを読む

 

 

オリゴ糖の効果について

オリゴ糖は非常にたくさんの健康効果を有していて、その代表的なものが整腸作用です。
オリゴ糖でとくに有名なのが「お腹の調子を整える」効果で、これに対し特定保健用食品の表示許可が出されています。
人間の腸内には、約100種類・100兆個もの腸内細菌が住み着いているといわれます。これらは、人体に悪い影響を及ぼす悪玉菌と、人体に良い影響を及ぼす善玉菌、その中間的な性質を持って優勢な方の味方になる日和見菌の3種類に分けられています。

 

いろいろな角度から健康を維持するためには、腸内を善玉菌が優勢となる状態にすることが必要といわれます。悪玉菌と善玉菌はいつも腸内で勢力争いをしています。このどちらが優勢になっているかで、排便活動や消化、免疫力や腸の動きが大きく左右されるのです。

 

そしてオリゴ糖は、この善玉菌を増やすのに大いに活躍してくれます。善玉菌のエサになることで、オリゴ糖は善玉菌が活動しやすい環境作りに貢献しています。

 

では、オリゴ糖のもつ具体的な効果は何でしょうか…?

 

続きを読む

 

 

オリゴ糖の種類について

オリゴ糖には大きく分けて2種類あります。「大豆・綿実殻・てんさい」の3つの天然原料から作られるものと、「砂糖・乳糖・デンプン」の3つの原料と酵素の働きによって作られるものです。

 

大豆・綿実殻・てんさい

 

砂糖・乳糖・デンプン

 

これらの原料を組み合わせることで、様々な特徴を持つオリゴ糖が生成されます。

 

ここでは、オリゴ糖の種類と原料、またその特徴についてまとめています。

 

続きを読む

 

 

まとめ

 

赤ちゃんが大好きなかわいい馬のぬいぐるみ

 

オリゴ糖は、善玉菌優勢の腸内環境を作り上げることで、人体に幅広い効果をもたらしてくれます。その効果は、便秘の改善からガン予防、アレルギー症状の緩和まで幅広いものです。

 

また、オリゴ糖には腸や胃で消化吸収されないという性質があり、これは生活習慣病の予防や改善に有効なのです。

 

このようにオリゴ糖にはさまざまな種類が存在していますし、それぞれすばらしい特性があります。オリゴ糖を日常生活に賢く取り入れるようにしましょう。