オリゴ糖の持つ具体的な効果とは?

オリゴ糖を摂取すると、どのような効果があるのでしょうか?
このページで詳しく解説していきます。

 

 

便秘を改善する

 

 

オリゴ糖が消化吸収されずに大腸まで届くことで、善玉菌のエサになります。

 

オリゴ糖を食べた善玉菌は酢酸や乳酸を生成し、腸内を酸性の環境に変化させてくれます。そうすると、悪玉菌は酸に弱いので勢力が衰え、善玉菌の味方として日和見菌が加勢するようになります。日和見菌もまた、酪酸などの酸性物質を生み出すようになります。
こうして、腸壁が酸によって刺激されることになり、腸の蠕動運動が活発になるのです。

 

 

腸は、酸を異物として認識します。すなわち、腸内に水分を集めて酸を希釈しようとしたり、体外に排出しようとするのです。
その結果として多くの水分が便に含まれ、腸が活発に運動するので、便秘の解消につながるのです。

 

 

生活習慣病の予防や改善をする

 

 

メタボリックシンドロームは、糖尿病や心臓病などの生活習慣病の大きな原因となっています。
メタボリックシンドロームは、血糖値が上昇することで体脂肪の増加を促し、その体脂肪の増加で血糖値を引き上げる、という負のスパイラルを引き起こすので、とても恐れられています。
血糖値の上昇を抑制することは、生活習慣病を予防したり改善したりするためにとても大切なのです。

 

オリゴ糖は、胃や腸で消化吸収されません。これにより、摂取しても血糖値が急に上昇しないのです。
つまり、オリゴ糖を、血糖値を上昇させる砂糖の代わりに摂取すれば、生活習慣病の予防や改善につながるのです。

 

 

 

虫歯を予防する

 

 

もともとオリゴ糖は、虫歯を作りにくくするための甘味料として開発されたという経緯があります。

 

たとえばパラチノースはオリゴ糖の一種ですが、虫歯を作らない甘味料として、消費者庁からトクホの表示許可が下りています。

 

パラチノース以外にも、虫歯を作りにくいオリゴ糖として、ガラクトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖、ラクチュロース、グルコシルスクロースなどが認知されています。

 

 

 

直腸ガンや大腸ガンを予防する

 

 

ガンは、日本人の死亡原因の第1位となっています。直腸ガンや大腸ガンは、その中でも近年ますます増加傾向にあります。悪玉菌が生成する腐敗物質は、これらのガンの原因となっています。

 

善玉菌優位の腸内環境を作り上げることにより、オリゴ糖はガンの原因となる腐敗物質の生成を抑えてくれるという効果があります。

 

東北大学のマウスを用いた研究でも、「ビフィズス菌が増えることがガン細胞の増加を著しく抑制する」という報告が実際になされています。

 

 

 

免疫力を向上させる

 

オリゴ糖を摂取すると、ビフィズス菌が腸内に増えます。その結果として免疫力が向上します。

 

人体で最大の免疫器官といわれているのが、腸です。なぜなら、体全体の免疫細胞のなんと6割が腸内に集結しているからです。
腸内環境の悪化は、それゆえ免疫力に対しても大きなダメージとなります。また、ビフィズス菌自体も免疫力を高める作用を持っていることも報告されています。

 

また、善玉菌優勢の腸内では免疫力の向上を引きおこすだけではなく、免疫の調整もしてくれるのでバランスがよくなります。つまりオリゴ糖を摂取することで、花粉症などの、免疫が異常反応を起こしているアレルギー症状を改善する効果も期待できるのです。