オリゴ糖の種類にはどんなものがある?

オリゴ糖は赤ちゃんの便秘にとても効果があります。

 

ではそのオリゴ糖の種類には、どのようなものがあるのでしょうか。
以下に表でまとめてみました。

 

オリゴ糖 原材料 特徴 甘みの種類 天然に含まれているもの
ガラクトオリゴ糖 乳糖 母乳に多く含まれ、腸内細菌とよくなじむ。「お腹の調子を整える栄養素」(トクホ表示が認可済) 爽やかな甘み 牛の初乳や母乳
フラクトオリゴ糖 砂糖 「お腹の調子を整える栄養素」(トクホ表示が認可済) 淡麗な甘さ アスパラガス、ごぼう、バナナ、はちみつ、ニンニク、玉ねぎ
乳果オリゴ糖(ラクトスクロース) 砂糖、乳糖 味が砂糖の風味に最も似ている。「お腹の調子を整える栄養素」(トクホ表示が認可済) オリゴ糖の中で甘みが最も強い(砂糖の7割程度) 発酵ヨーグルト
イソマルトオリゴ糖 でんぷん カロリーが高い。「お腹の調子を整える栄養素」(トクホ表示が認可済) まろやかでコクのある甘み みそ、しょうゆ、はちみつ、日本酒
パラチノース 砂糖 「虫歯の原因になりにくい食品」(トクホ表示が認可済) 砂糖に近い甘み さとうきび、はちみつ
グリコシルオリゴ糖 砂糖、でんぷん 虫歯を作りにくい あっさりした甘み

 

天然原料でできているもの 原材料 特徴 甘みの種類 天然に含まれているもの
キシロオリゴ糖 綿実殻 「お腹の調子を整える栄養素」としてトクホ表示が認可されている、カルシウムの吸収を促進する 砂糖の1/2程度の甘み たけのこ、とうもろこし
てんさいオリゴ糖(ラフィノース) てんさい オリゴ糖の中で最も早くビフィズス菌のエサとなる 砂糖の1/5程度の甘み てんさい
大豆オリゴ糖 大豆 「お腹の調子を整える栄養素」としてトクホ表示が認可されている 砂糖の7割程度とされる砂糖に近い甘み 大豆

 

 

このように、オリゴ糖にはいろいろな種類が存在しています。
オリゴ糖の健康効果をより多く得たいのであれば、単一のオリゴ糖だけではなく、複数の種類のオリゴ糖を摂取することが望ましいのです。

 

腸内には、10種類以上ものビフィズス菌が存在しています。つまり、善玉菌の種類があるだけ、その菌の特性や好みも様々なのです。

 

同じ善玉菌とはいっても、キシロオリゴ糖を好むものもいれば乳果オリゴ糖を好むものもいたり、ガラクトオリゴ糖を好むものがいれば、ラフィノースオリゴ糖を好むものがいたりと、さまざまな好みがあります。

 

腸に住み着いている善玉菌全体を元気にするためには、できるだけ多くの種類の善玉菌のエサになるために、複数のオリゴ糖を摂取することが大切だといえます。

 

オリゴ糖とビフィズス菌の相性を科学的に検証し、オリゴ糖を最適な比率でブレンドした物も実際に商品化されているので、こういったものを利用するのもおすすめです。